トップページ ≫ むくみが起きる仕組み

むくみは「細胞と細胞の間に、色々な要因で間質液という水分が必要以上に溜まったこと」と医学的に位置づけることができます。私たちの体は6割が水分と言いますが、その水分は1/3が細胞の外に、2/3が細胞内に在ります。

 

この細胞外に在る水分の8割が間質液で、残り2割は血液の液体成分やリンパ液などです。これらの水分は、人の体のどこにどれくらい存在するというような分布にルールがあります。

 

むくみの実態
私たちの体は全身を巡るように静脈、動脈という血管とリンパ管が存在します。心臓からポンプとして送り出された血は、動脈を通って隅々まで行き届き、毛細血管に着くと毛細血管の小さな隙間から染み出てきます。これが組織間液や間質液と呼ばれます。

 

間質液は、栄養素や酸素を細胞に与え、細胞の代謝で生まれた炭酸ガスや老廃物を受け取って、毛細血管の静脈側やリンパ管で再吸収され心臓へ戻ります。

 

通常は血管から染み出る水分量と再吸収される水分量は同じなので、間質液も一定でなければならないのですが、何かの要因で染み出る水分量が多かったり、再吸収がうまくいかずにいると行き場のない水分が皮下に溜まり「むくみ」になります。

 

足がむくむワケ
私たちの体で最もむくみやすいのは足で、その要因は「静脈のうっ滞」です。うっ滞とは静脈血が滞っていることを指します。

 

【静脈血を戻す2個のポンプ】
血は心臓から動脈を通って足まで送られ、静脈を通り心臓に戻ります。足の静脈血を心臓に戻すには、2つのポンプの力が作用しているのです。一つは「心臓」ですが、もう一つは「足の筋肉」です。中でも「ふくらはぎの筋肉が脚に溜まった静脈血を心臓へ押し上げる力となり「筋ポンプ作用」と呼びます。

 

【筋ポンプが作用しないと】
ただ重力の影響で足に送られた血を心臓へ戻すには、多くの力が必要です。この力が足りないと、足に溜まった静脈血を心臓にうまく戻せなくなり「むくみ」に繋がります。

 

活発的に動いている方は、足の筋肉を使っているため静脈のうっ滞は起こらないのですが、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしなど、足の筋肉を使わずにいる人はむくみやすいのです。これは足の筋肉を使わないので、筋ポンプ機能が作用せず静脈のうっ滞が起こるからです。

 

参考サイト>>>足のむくみをとるサプリ@私の良かったむくみサプリはこれでした。

 

 

Copyright (C) 2017 サーマクールの効果とおすすめランキング All Rights Reserved.